たくさんある練習を続けていけばどうなるかとか、こんな練習法もあるんだよという事を書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は壁打ち練習についてです。
皆さんはいつもどのように壁打ちをしているでしょうか?
スイングやグリップを注意してただ壁に向かって打っているだけではありませんか?それはそれでいいとは思うのですが、ここで1つこうしてみたらいいのではないかというモノを挙げましょう。


それは壁と試合をすることです。。


それはどういうことかというと、例えば10球いつもの球で続けられたらこちらが1ポイントGET/それ以下なら壁が1ポイントGETというようにルールを決めて4ゲーム先取で試合をするのです。


レベルは自分で設定すればいいのですが、私は
レベル1:10球
レベル2:20球
レベル3:25球



というよう設定して、どこまで勝ち進めるかということをしています。


国内最大!テニス専門サイト

テニスの試合を見ているとラリーはせいぜい続いて10球~20球が限度だと思います。
壁は自分が打ったコースで返してくるので、コースは読めて当然です。なので通常の2~3倍この壁打ちで続けられるようになると実際の試合でも十分ミスは少なくなっているでしょう。


インクカートリッジが“激安”!!
インクカートリッジ」「コピー用紙」がどこよりも“激安価格”でご提供致します!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お邪魔します~
壁打ちも目的意識を持て!と言うことですよね。私はいつも壁に負けてますが・・
2006/02/25(土) 23:42 | URL | k1 #-[ 編集]
こんにちは!
コメントありがとうございます^^
ところでこの壁うちとの試合ですが、
私も高校生のころ良くやりました!!
これ結構楽しいですよね。
壁うちってかなり効果的な練習ですしね^^
2006/02/26(日) 09:41 | URL | tomura #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tennisbaka.blog43.fc2.com/tb.php/47-ecac62e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。